Column.

004. お客様を迎えるデザインとは。

party

ふだんは家族だけで過ごすリビングも、
パーティーや年始のあいさつの際は、
ゲストルームとしての快適性が求められます。

何人がゆったりとくつろげるのか?
テーブルや椅子の移動はしやすいか?
料理を運ぶのに不便ではないか?

こうしたイメージを丁寧に描くことも、
住宅をプランニングする上では重要なポイントになります。

和室

おすすめは、リビング・ダイニングに和室をつなげて配置する間取り。
和室はご親戚が宿泊する際の客間としても機能するだけでなく、
襖を開放して、リビングと一体化させることで、
多くのお客様と、同じ空間と時間を楽しむことができるようになります。
最近では、和室の床を少し高く設計し、
リビングの椅子やソファですごす人と
目線を合わせるデザインも増えています。

日常の使い勝手や心地よさも大切にしながら、
お客様を迎える特別な時間にもスムーズに対応できる。

『Fine Fields』では、そんな空間づくりもお手伝いしています。