Column.

007. 未来を見据えた収納設計で、長く住める家を。

物が少ない、すっきりとしたリビング

「可能な限り収納を増やして、余分な家具がない、
 すっきりとした空間をつくりたい」

これは、多くのお客様からいただくご要望のひとつです。

実際、最近の注文住宅では、
収納スペースを多めに取る設計が増えています。
しかし、単純に「収納は多いほどいい」と考えるのは危険です。
なぜなら、一度つくってしまうと、修正や撤去が難しくなるからです。

お子さんが成長する。ご兄弟が増える。
お仕事での立場や勤務時間が変わる...など、
家族構成や生活様式は、
長年にわたって少しずつ変化していきます。

キッチン収納

こうした変化をイメージせずに、
現在の希望だけで収納スペースをデザインしたら、
いったいどのようなことになるでしょうか。
快適に機能したのは最初の数年だけで、
残り数十年、邪魔になってしまうのでは意味がありません。

だからこそ、『Fine Fields』では、綿密なヒアリングを重ね、
家全体とのバランスを考えながら、収納設計を行います。
重要なのは「どんな収納がほしいのか?」のではなく、「どう片付けたいか」。
そして「どう暮らしていきたいか?」ということ。
こうしたヒアリングを元に、
変わりゆくご家族の姿をイメージしながら、
未来を見据えた収納スペースの在り方をご提案いたします。