Column.

003. 「注文住宅」はプロセスからお楽しみください。

仙台 住宅設計

『Fine Fields』は、いわゆる注文住宅を手がけるブランドです。
注文住宅はオーダーメイドで、外観から内装、水廻り、建具など、
細部にわたるまで、想いをかたちにできることが最大の魅力ですが、
その反面、「自分で様々なことを調べて、考えなければならないのでは?」と、
難しくお考えになるお客様もいらっしゃるようです。

しかし、それは少しちがいます。お客様が考えていただきたいことは、
あくまでも、「新しい住まいで、どのような時間を過ごしたいか」ということ。
そのイメージをかたちにすることこそ、私たちの仕事です。

「家は一生の買いもの」という住宅メーカーは数多くあります。
それは確かに正しいかも知れません。でも、それ以上に、
「注文住宅づくりは心から楽しめるものである」ということをお伝えしたい。
それが『Fine Fields』の願いです。

今回のコラムでは、家づくりのプロセスを、
存分にお楽しみいただくために、
イメージづくりのヒントをご案内させていただきます。

■「イメージの柱」を立てる。

家づくりの第一歩は、「新しい家で必ず実現させたいこと」を見つけること。
それが「イメージの柱」となり、その家の設計・デザインの基準となります。

「本格的なガーデニングを楽しみたい」
「友だちを招いてパーティーができる場所がほしい」
「子どもたちがのびのび遊べる家にしたい」
「薪ストーブをみんなで囲めるリビングがほしい」
「お気に入りのブランドのソファが似合う部屋をつくりたい」

...どんな漠然としたイメージでもかまいません。
まずは、そのイメージを、私たちと分かち合うことで「イメージの柱」が立ち、
そのイメージの実現に必要なかたちが見えてくるのです。


本棚 木造住宅 宮城


■具体的なこだわりは写真を使って共有する。

もちろん、壁の色や、キッチンのスタイルなど、
具体的なこだわりをお持ちのお客様も多いかと思います。
そういった場合は、言葉で説明するよりも、
写真などのビジュアルでイメージを共有する方がより確実です。

『Fine Fields』のギャラリーにも、施工例や写真集、
カタログなどを数多く取りそろえていますので、
その中からお探しいただいてもけっこうです。

新しい生活へのイメージを膨らませながら、
様々なことを語り合うひとときもまた、
注文住宅づくりの大きな魅力と言えます。


■実物に数多く触れる。

次のステップは、様々な実例を見ていただくことです。
より、理想に近い住まいをつくりたいとお考えなら、
可能な限り、実際の建物を見て回ることをおすすめいたします。

家はトータルでひとつの空間となります。
実際の家を見ることで、「キッチン」「リビング」「寝室」など、
パーツで考えていた時よりも、
全体でのバランスなどが具体的につかめるようになるはずです。


住宅設計 宮城


■まとめ

いかがでしたでしょうか。
ほんの一部ではありますが、注文住宅づくりのポイントや、
楽しさがお伝えできていれば幸いです。

「注文住宅づくりを心から楽しみたい」
そんな風にお感じいただけたお客様は、
是非一度、『Fine Fields』にお声がけください。